<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2017/9/26

おれの父親は近所の子供から
「調子乗りのおっちゃん」と呼ばれている。

父親は出勤時に
登校中の児童にむかっておどけてみせる。
それが子供達のツボにはまるらしく、
みんな笑い転げるのだ。

おれは、子供の頃
恥ずかしくて仕方なかった。

ある日、道の角を曲がると
「ぐわあぁぁ」と叫びながら
倒れる父親と目が合った。

父親の目からは切羽詰った様子が伺え、
おれはうろたえた。

しかしふと前を見ると
戦隊もののおもちゃを手にした子供たちがいる。
父親は戦隊ごっこの悪役をしていたのだ。

父親の切羽詰った様子は、
いるはずのないむすめと目が合ったこと、
しかしクライマックスの悪役が倒れるシーンを
全うしなければいけないという責任感の挟間から生まれたようだ。

おれが大人になっても
父親は喜々として近所の子供と遊んでいた。

おれは父親の行動を諦めていたが、
やめて欲しい気持ちはおさまらなかった。

そんな父親が癌の告知を受けた。
本人は手術を拒んだが、幸い転移もなかったので
癌を摘出すれば短期間で治療可能、再発も無いとのことだった。

家族全員で摘出を勧め、
父親は文字通り泣く泣く承諾した。
陽気な父親が泣くのを見たのは初めてだった。

手術の日、おれは施術後に立ち会えた。
運ばれてきた父親は薄く麻酔が効き、目は半開き…
その父親の前で主治医から成功した旨が伝えられた。

ふと父親に目をやると、信じられない光景があった。
麻酔で眠っているはずの父親の手がいつの間にか布から出て、
ピースサインになっていたのだ。
その場は笑いに包まれた。

父親はいつでもどこでも
「調子乗りのおっちゃん」だった。

意識がほぼ無かろうが、
家族に大丈夫だと伝えようとして動いた手…
その温かさに笑っていたおれの目から涙がこぼれた。