<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない

レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。

 

まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。



<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らないブログ:2017/11/23

減量をしようと決めて、
当初は運動するぞ!と意気込んでいたのに…

長続きしなくて断念してしまった方も
多いのではないでしょうか?

減量を長続きさせるコツは
楽しんで行なうことだと思います。

例えば…
ウォーキングを行なう場合、
はじめから1時間も歩いたりせずに、
15〜20分から始めるようにして、
少しずつ時間を延長していく方が体質も慣れて
長続きすると思います。

慣れるごとに
運動の内容もだんだんと変えていくといいと思いますよ。

毎日きちんとやらなければ!などとあまり真剣に考えずに、
今日はできなかったから1日後頑張ろうという感じで、
気楽にやる方が長続きすると思います。
毎日やらなくても、24時間おきでもいいんです!

運動の内容はいろいろですが、
あさ目覚めた時にふとんの中で
ストレッチを5分ほどすると気持ちよく起きれますし、
23時寝る前にストレッチをすると
24時間のたまった疲れをとることができます。

また、
電車やバスの待ち時間の間はつま先立ちで立っていたり、
エレベーターを利用せずに階段を利用したりするように
心がけることもいいと思います。

家でテレビを見るときもただ見ているだけではなく、
背筋をしながら見たりするなど、
毎日の生活の中でも
運動するチャンスはいっぱいあるはずです。

日常の中で、
無理なくできる運動を工夫してみると楽しいと思いますよ。

体質を動かす量を増やすことが
減量のためには大切なことなのです。

一気にやらずにコツコツと活動量を増やしていけば、
長く続けられるでしょう。